丼池繊維会館

丼池繊維会館

MENU

企画書1

満場一致でリノベーションデザイン方針決定‼

大正11年築ということは大阪で現存活躍する芝川ビル、生駒ビルヂング、伏見ビル、新井ビルなどと同時期の建築になる。当時は石張りからタイル張り、垂直から水平ライン強調など古典からモダニズム建築への移行期で、中でも丼池繊維会館は装飾を廃し、白いタイル張りとするなど写真を見る限り、デザインパラダイム激動期の当時としても最新の建築を目指したことを読み解き、今施すリノベーションにもその考え方を踏襲し、現代的なセンスで残された魅力をより強調する設計を目指すこととした。

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

CLOSE